お風呂に入れれば効果倍増

血行を良くし健康を促進させる「入浴」とリラックス効果のある「アロマ」を組み合わせると、
アロマテラピーの効果をさらに高めることができるのでオススメです。

バスルームの空間で、アロマの香りの成分を呼吸器から効率的に取り入れることができますし、
肌からもわずかですが、香りの成分を浸透させることができるのです。

使い方としては、お風呂にはったお湯に、3~5滴程度落とし、よくかき混ぜます。
半身浴の場合は、精油を3滴以下に減らしましょう。

敏感肌の人は、5滴程のエッセンシャルオイルを10ミリリットル程の
キャリアオイル(植物油)などで希釈したものを使ってください。

湯気を深呼吸して、ゆっくりとエッセンシャルオイルの成分を取りこみましょう。

お風呂でのエッセンシャルオイルの扱い方に関して注意点があります。

エッセンシャルオイルは、湿気に非常に弱く、酸化しやすいので、
濡れた手で瓶や蓋を触わらないように気をつけます。

また、湿気の多い脱衣所に保管するのはやめましょう。

アロマを塗ってもOK

アロマオイルは香りを楽しむ意外にも、直接塗って健康効果を期待することも出来ます。
塗ることで、香り効果もありますし、成分が浸透して直接効果を期待することもできるのです。

風邪や肩こりに効くもの。
更年期の女性に効果のあるもの。
生理痛。
花粉症に効果ありの香り。
鼻詰まりに効くもの。
不安解消。
胃腸などの消化器官への効果のあるもの。
高血圧対策。

かなり何種類も塗る専用のアロマがでているのです。
実際自分も塗ってみましたが、精神リラックスもなりとても気に入っています。

胃腸などの痛みには、ローズマリーなどのアロマを調合したものが使用されています。
実際に塗ってみて直ぐに効果があるという評判です。

ホントかなーと疑いたくなりますが、これが驚きです。

子供の腹痛などにも使用することができるそうです。

人の精神と香りが密接に関係しているといいますね。
香りの力と、アロマの成分が浸透していくダブルパワーで効果を期待できそうです。

超簡単アロマの使い方

以前にアロマが不眠症に効果があることをお伝えしました。
アロマでぐっすり

アロマの香りでぐっすり眠ることができるようになります。
しかし、アロマと聞いて、なんとなく挑戦しずらく感じることがあるかもしれません。

アロマセットを買うのもなんとなく面倒。
アロマオイルのセッティングもなんか大変だなあ、なんて感じることもありますよね。

まあ、それぐらい頑張ってくれよ!という意見もありますが、アロマが好きではない人にとっては面倒に感じることもあるかもしれません。

アロマは決して面倒ではありません!
簡単で効果があるのです。

一番簡単なアロマの楽しみ方を今日はご紹介したいと思います。

ティッシュの上に数滴たらすだけ!
あるいはハンカチやタオルの上でもいいのです。

これは簡単ですね。

特に夜眠れない人は、アロマをティッシュの上に数滴たらすのはとても良い方法なのだそうです。
寝付くまでの間の数十分間香りを保たせることができるからです。

これならやってもいいと思いませんか?

認知症に効果がある?

最近話題に上がっているのが、アロマペンダント。
アロマペンダントは、ネックレスになっており、そこにアロマの液体を垂らして、一日中香りを楽しむというものです。

リラックス効果として、一日ペンダントをしながら、どこに行っても香りを楽しむことができるそうです。

このアロマですが、若い人だけではなく、高齢の方々にも人気が出ているのだそうです。
それは、なぜかと申しますと、アルツハイマーや、認知症にも効果があるといわれているからです。

認知症をあるいはアルツハイマーの症状を食い止めることさえあるといわれています。

実際認知症予備軍と病院で診断された人の中に、このアロマで認知症対策を初めて、20年。
未だに認知症になっていないという効果を実感されている方もいるそうです。

実際脳の検査をすると、アロマを始める前よりも、症状が軽減したとテレビでも放送されていました。

アロマオイルが、認知症にも効果があるのです。
レモンや、オレンジ、ラベンダーなんかの香りを楽しむのが、効果があるということです。
リラックスすれば長生きできる

香りともう一つ工夫をしてリラックス!

アロマでリラックス!忙しい現代社会に生きている私達には、とても必要なことです。
リラックス効果を更に上げる方法があります。

作業の合間に、アロマでリラックスするときに、リラックス効果を高める物を眺めるようにしましょう。

ネット上でも様々なものが紹介されています。
いわゆる癒やし画像が、リラックスに本当に効果があるのだそうです。

神戸新聞の記事に載せられていたのですが、癒やし画像を見ると、その後の仕事効率が上がるのだそうです。
癒やし画像を観た後に作業をする、癒やし画像を見ないで作業をする、この2つのグループに分けて調査が行われました。

結果、癒やし画像を観た後には、仕事効率が上がり、疲労感も少なく、集中力も上がるという結果が出たそうです。
ですから、眼に入るものも私達の体に影響を与えていることがはっきりしたのです。

都会に住んでいると、癒しの景色を目にすることが難しくなります。
パソコンやタブレットなどで、癒される自然の景色などを流して、少しでもリラックス効果を高めることを行ってみてください。

香りと、視覚からの影響で、疲れをとって、その後の仕事の効率まで上げることができるようになります!