頭痛緩和に?

慢性的な頭痛。
困りますよね。
なんか寝こむほど体調が悪くないけど、頭が痛いと仕事に集中できません。

治療法も特にないので、頭痛薬を持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。
痛くなったら飲む以外にないなんてパターンが多いですよね。

実はアロマが頭痛にも効果があるのです。
知っていましたか?

香り一つで、頭痛を緩和させることもできてしまうのです。
頭痛の原因によって香りを選ばなければなりませんが、初心者であればラベンダーを選んでおけば、まず間違いありません。

ラベンダーはストレス緩和、緊張を緩める効果があります。
肩こりなどからくる頭痛には特に効果を発揮します。

自宅で簡単に誰にでもできます。
アロマバスなんかも効果があるようです。

半身浴も行えば、血行促進して更に効果が期待できます。

頭痛薬を飲むよりも、アロマで頭痛を緩和するほうがよっぽど体にはやさしいですね。

アロマテラピートリートメント

アロマテラピートリートメント?

聞いたことあるような、無いような・・・・。
これはアロマオイルをベースに特別なトリートメントオイルを作りそれを体に、肌に塗る事を言います。

マッサージやあんまなどをアロマオイルの上から行うようなことではありません。

アロマテラピートリートメントをすることにはどんな効果があるのでしょうか。
ひとつは血行促進効果です。
緊張した環境で人の体は血管を収縮させてしまいます。
縮まった血管はもちろん血流が悪くなります。
アロマテラピートリートメントを行うこと絵、結構を促進することができるのです。

血管だけでなくてリンパの循環も改善する効果があります。
言い換えますと、体のいらないものを肝臓などに運んでデトックス効果があるということです。

もちろん美容効果もあります。
オイルが体に浸透するので、肌が健康な状態を保つことができるのです。
皮脂の量が調整されたり、弾力のある肌を保ったりするのに役立ちます。

現代は癒やしが必要な時代ですが、私達の肌にも癒やしが必要なのですね。

香りの調合の仕方

香りを長続きさせるには、調合するという方法が効果があります。
香りが長続きするものと、すぐに香りを発する即効性があるけれども持続性がないものを混ぜることで、効果が長続きします。

あるいは、オールマイティーな香りを選ぶこともできます。

例えばレモンマートルという香りは、長続きもしますし、即効性も備えている香りの一つです。
アロマで人気があるのは、柑橘系。

精神をリラックスしてくれる柑橘系の香りは人気があり、どうしても柑橘をチョイスすることを希望する人もいます。

柑橘系はわりと持続性がないものの部類に入ります。
即効性があるのですが、持続性がないので何度も補充しなければならず、ちょっと面倒ですよね。

そんな時は、レモンとラベンダーなんかをまぜると、効果が持続しとても便利です。
ある人のコメントを読んでいたら、一日香りが切れなかったなんて書かれてもいました。

香りが長続きすると、リラックスることができます。
仕事から疲れて帰ってきて良い香りに迎えられるのも良いですよね。

調合をうまく考えて、香りを長続きさせて、リラックス健康生活!

香りが長く続くためには

アロマの香りがすぐに消えてしまうような気がしたことありますか?
何度も何度もアロマを補充したりして、使用されている方もいるかもしれません。

または、ある一定量のアロマを入れることのできる、アロマグッツなどもとても便利です。

しかし、それ以外にも香りの長続きの秘訣というのがあるそうです。
それは、香りのタイプと関係があるのだそうで・・・。

香りのタイプ。
それには、3つあるそうです。
すぐに香りを発するが、香りの持続性のないもの。
または、香りがなかなか出てこないが、あとからジワーっと香りが出てくる持続性のあるもの。
また、その中間、つまりある程度香りがすぐにするようになるが、持続性もそこそこあるもの。

こんな風に香りのタイプというものがあります。
ですから、アロマを長く楽しみたいと思うのでしたら、香りを混ぜると良いのだそうです。
私も知りませんでした。

色々香りのタイプを調べてみて、調合して自分にあった、長く香りを楽しめるものを探してみましょう。

女性の味方

アロマっていろいろな香りがあって、どれがよいのかわからないということありますよね。
もし、これを読んでいるあなたが女性であれば、クラリーセージをお勧めします。

クラリーセージは、女性の味方です。
クラリーセージには、スクラレオールという成分が含まれていて、女性の性的領域で効果があるのだとか・・・・。

生理痛などにも効果があるのです。
どうやら、腹部に塗布しても良いそうです。

もちろん、香りにも力があります。

このほかにも、心を穏やかにする効果や、緊張をなくす効果、リラックス効果もあります。
いっぱいいっぱいになっているとき、何かに押しつぶされそうなときにも、安堵感、幸福感を与えてくれて、効果があります。

香りには、本当に驚くべき力がありますよね。

おいしいご飯の香りがすると、よだれが出たり、食欲がそそられてたりしますが、同じように精神をリラックスしたり、特定の器官に働きかけたりできるのですね。