香りともう一つ工夫をしてリラックス!

アロマでリラックス!忙しい現代社会に生きている私達には、とても必要なことです。
リラックス効果を更に上げる方法があります。

作業の合間に、アロマでリラックスするときに、リラックス効果を高める物を眺めるようにしましょう。

ネット上でも様々なものが紹介されています。
いわゆる癒やし画像が、リラックスに本当に効果があるのだそうです。

神戸新聞の記事に載せられていたのですが、癒やし画像を見ると、その後の仕事効率が上がるのだそうです。
癒やし画像を観た後に作業をする、癒やし画像を見ないで作業をする、この2つのグループに分けて調査が行われました。

結果、癒やし画像を観た後には、仕事効率が上がり、疲労感も少なく、集中力も上がるという結果が出たそうです。
ですから、眼に入るものも私達の体に影響を与えていることがはっきりしたのです。

都会に住んでいると、癒しの景色を目にすることが難しくなります。
パソコンやタブレットなどで、癒される自然の景色などを流して、少しでもリラックス効果を高めることを行ってみてください。

香りと、視覚からの影響で、疲れをとって、その後の仕事の効率まで上げることができるようになります!

アロマで人生が変わる?

日本人は、うつ病になる確率が非常に高いといいます。
これだけきちんとした国なのに、自殺率も非常に高い、・・・・侍魂が逆に悪い面を引き出してしまっているのかもしれません。

限界ギリギリまで頑張ってしまうのです。
誰にも相談せずにぎりぎりまで頑張り、精神的な病気になってからやめる。
あるいは、自律神経などが狂い、めまいなどの症状が出てから気づくなんてことが非常に多くあります。

そんな日本人の陥りやすい過ちをとどめてくれるのがアロマだとある人は言います。
実際アロマに命を助けられた、人生が変わったという人までいるのです。

どうしてアロマにそれ程の力があるのでしょうか。
それは、アロマにリラックス効果があるからです。

ある人の体験談を読んでいたら、アロマをやりだして、ふと自分が何をやっているのか考えさせられたといいいます。
つまり、リラックス効果があり、その効果を感じている時人は、気持ちをリセットし自分を客観的に見ることができるというわけです。

アロマで人生が変わる!
これは事実かもしれません。

美容に一番悪いもの?

美容に一番良くないことって何か知っていますか?
一番良くないのは、ストレスです。
もちろん、食生活なども重要ですが、ストレスがあると、肌は荒れてしまいます。

美しくありたくても、そうできなくなってしまうのです。
どうしてなのでしょうか。

私達の体は、こころと、体が影響し合うようにできているからです。
ホルモンや神経などを経由して、心にストレスの負荷がかかると、それが体全体に伝達していくのです。

ストレスの負荷が重ければ重いほど、また期間が長ければ長いほど、強い影響をうけるようになります。

ですから、普段からストレスを発散するリラックスできる時間を作ることは大切なことなのです。
ストレスがないように感じていても、目には見えないストレスなどを蓄積することもあるみたいです。

ですから、普段からのリラックスできる環境が大切。

何ができるでしょうか。
人それぞれですが、アロマテラピーはオススメです。
家でできます。
時間もかかりません。
コストもそれほどかからないので、誰にでもできるのです。

香りの力

アロマの生活役立て情報

アロマにある様々な効果を実感している人たちのコメントを集めてみました。
結構絶賛している人もいるようで、なんだか説得力を感じます。

ユーカリラディアータの香りが、風邪の時鼻詰まりに効果がある。
劇的に鼻詰まりが解消された。

サイプレスとレモングラスを方に塗ると、肩こりが解消された。
カチカチだった肩こりが、柔らかくなって楽になる。

ラベンダーをやけどをした時に使用している。
赤く炎症した部分が解消されて、赤みが引く。

他にも、カビは生えにくくなる香りや、便秘を解消してくれる香りなどがあるようです。

ストレス解消に効果があるのはよく知っていますが、このような生活のちょっとしたトラブルにも効果があるようです。
アロマに詳しい人達は生活にアロマを取り入れて、快適な生活を送っているようですね。

自分も、風邪を引いた時の鼻詰まり効果にはとても興味があります。
風を引いた時に、いつも鼻が詰まるタイプですので・・。

試してみます。

ストレスは寝れば取れる?

リラックスするには寝ればよいのか?
もちろん、睡眠は欠かせません。

しかし、寝るだけではダメなのです。
寝ている時に、リラックスしていないことはよくあります。
起きた時にだるかったりするのはそのためです。

寝れば治るとは言い切れないのです。
寝る前に、リラックスしてから寝るととても効果があります。

体の副交感神経をオンにしてから寝るのです。
副交感神経は体を休めの状態に保ってくれる神経です。

最近では生活習慣の乱れなどから、副交感神経がはたらくなくなってきている人が多くいます。
自律神経失調症。

そんな人にもアロマテラピーは効果があるのです。
私たちの、自律神経を刺激して、副交感神経を優位にする効果があります。

香りもいろいろありますが、リラックス、緊張をとってくれる効果のあるものを選ぶとなおさら効果があります。

アロマでリラックスして、有意義で質の高い睡眠をとる事こそ、現代社会に必要なことかもしれません。
寝る前に、アロマテラピーいかがですか?